複数のパワーポイントファイルにエクセルからデータを流し込む

【この動画に音声はありません】
エクセルマクロでできることは、エクセルの操作ととどまりません。

テキストファイル、フォルダの操作もできますし、アクセスやオラクル、MySQLといったデータベースに接続してデータを取ってくるといったこともできます。他のソフトを操作することもできます。

中でも、オフィスソフトはやはり相性がよく、他のアプリケーションに比べて、様々な連携を行うのが比較的簡単です。

今回は、その例として、エクセルにあるデータをパワーポイントのスライドに流し込むデモをお見せします。

とある会社の中間管理職研修参加者全員に対して、パワーポイントで作成したフィードバックシートを送りました。元データはエクセルファイルになっていたので、エクセルからパワーポイントのテンプレートを開き、データを流し込んだらファイルを閉じる、ということをくり返す作業にしました。

こういうプログラムを組めるようになると、仕事の幅もかなり広がります。ちなみに、前任者は、この仕事を手作業でやっていて、ひと月まるまるかけて作業をしたあと、1週間くらい死んでいたそうです。

「外部連携」の例ということなので、ついでに、フォルダ操作、テキストファイル操作もしてみました。

マクロ実行の都度フォルダを作り、新規に作成したファイルはそこに置くようにしました。また、テキストファイルでログも出力するようにしました。ログを出力しておくと、トラブルが起こったときなどに何かと役に立ちます。

このデモで紹介したマクロは、以下の講座修了レベルの知識で制作できます。
「エクセルマクロ・VBA発展編1」講座と演習
エクセルVBA外部連携講座

学習記録としてメモを残す

完全に理解できた
まあまあ理解できた
ふつう
あまり理解できてない
さっぱり分からない

※メモを残すにはこの講座の利用権限が必要です。

質問や感想を投稿する

投稿時に 記号が \ に変換されてしまいますが、気にせず投稿してください。

とても満足 満足 普通 不満 とても不満

ユーザ名を使う ニックネームを使う 匿名

※投稿に必要な権限がありません。

このページへの投稿/コメント