エクセルマクロを書くときによくある問題とその対処法

この講座はまだ利用権限がありません

講座を利用するには、以下の2つの方法があります。

  • この講座を含む定額コースに参加する
  • この講座を購入する

この講座を含む定額コースに参加すると、そのコースの利用期間中はいつでも講座を利用できます。
講座を購入すると、いつでも講座を利用できます。

この講座には無料で閲覧できる動画があります

お試し動画の一覧へ
エクセルマクロを書くときによくある問題とその対処法

講座の概要

エクセルマクロを書くときによくやってしまう問題と、その解決策について指南しています。初歩的な問題でひっかかってしまう方向け。

難易度: ★★
ページ数: 11
動画の総時間数: 42分46秒
投稿/コメント数: 23件

受講を検討されているあなたへ

エクセルマクロを書くときによくある問題とその対処法についての解説動画です。この動画では、よくやってしまう問題と、その解決策について指南しています。
もっと詳しく知りたい方≫≫この講座が含まれたセット講座紹介ページ

講座を利用するには、以下の2つの方法があります。

  • この講座を含む定額コースに参加する
  • この講座を購入する

この講座を含む定額コースに参加すると、そのコースの利用期間中はいつでも講座を利用できます。
講座を購入すると、いつでも講座を利用できます。

初心者がやってしまいがちな問題とその対処法 - 導入

重要度:

理解度:

エクセル画面でメニューを選択できない場合の対処法

重要度:

理解度:

Visual Basic Editorのウィンドウサイズを変更できない場合の対処法

重要度:

理解度:

Visual Basic Editorのウィンドウサイズをアクティブにできない etc

重要度:

理解度:

マクロが無効に設定されています

重要度:

理解度:

黄色の状態で放置することで生じるその他の問題

重要度:

理解度:

F5、F8を押しても何も起こらない等

重要度:

理解度:

ショートカットキーやアクセラレータキーでVisual Basic Editorを操作できない

重要度:

理解度:

Insertキーを押してしまったことで生じる問題

重要度:

理解度:

Sub と End Sub が対になっていないことで生じる問題

重要度:

理解度:

ハナコのステップ

重要度:

理解度:

この講座での投稿

この講座での投稿を表示する/非表示にする(23件)

受講生さんの投稿

(投稿ID: 4828)

(返信:4件)
動画の内容とタイトルが一致していないようにおもいます。
2020年08月23日 00:20

受講生さんの投稿

(投稿ID: 4693)

(返信:3件)
「F8」キーを押してもステップインができませんでした汗
パソコンによってショートカットキーの使い方がことなるのでしょうか?

2020年04月28日 08:23

ゲストさんの投稿

(投稿ID: 3117)

(返信:1件)
お世話になっています。
下記のプログラムで実行しましたが、実行後の結果はプログラムが動いていない。
何が問題なのでしょうか? sub matching()が動きません。

下記 sub InvoiceUK転記()を添付します。

=======================================
Sub InvoiceUK転記()


Dim i As Integer
Dim 最終行 As Integer


最終行 = Worksheets("出荷一覧UK").Range("A1").End(xlDown).Row


For i = 3 To 最終行


With Worksheets("Invoice UK")



.Range("A" & i * 5 + 11).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("A" & i).Value
.Range("A" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("B" & i).Value
製品名 = .Range("A" & i * 5 + 12).Value
.Range("F" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("C" & i).Value

matching


End With



Next

End Sub

Sub matching()


Dim data

For data = 2 To 700

If Worksheets("Invoice UK").Range("A" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("BrooksItemDatabase").Range("A" & data) Then

Worksheets("Invoice UK").Range("A" & i * 5 + 13).Value = Worksheets("BrooksItemDatabase").Range("E" & data).Value
Worksheets("Invoice UK").Range("A" & i * 5 + 14).Value = Worksheets("BrooksItemDatabase").Range("G" & data).Value
Worksheets("Invoice UK").Range("E" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("BrooksItemDatabase").Range("F" & data).Value
Worksheets("Invoice UK").Range("H" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("BrooksItemDatabase").Range("C" & data).Value

End If

Next




End Sub
2017年05月27日 00:29

受講生さんの投稿

(投稿ID: 3115)

(返信:1件)
> 下記 subプログラムのsub 転記()の中でVlookup関数を
> マクロでプログラムする場合、"Set 検索する値 = Range("A" & i * 5 + 12).Value"の行で"オブジェクトが必要
> です”のエラーメッセージがでました。
> 何が問題か教えてください。
>
> sub プログラム
> =======================================
> Sub InvoiceUK転記()
>
>
> Dim i As Integer
> Dim 最終行 As Integer
>
>
> 最終行 = Worksheets("出荷一覧UK").Range("A1").End(xlDown).Row
>
>
> For i = 3 To 最終行
>
>
> With Worksheets("Invoice UK")
>
>
>
> .Range("A" & i * 5 + 11).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("A" & i).Value
> .Range("A" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("B" & i).Value
> 製品名 = .Range("A" & i * 5 + 12).Value
> .Range("F" & i * 5 + 12).Value = Worksheets("出荷一覧UK").Range("C" & i).Value
>
> 抽出
>
>
> End With
>
>
>
> Next
>
> End Sub
>
> Sub 抽出()
>
>
>
> Dim 検索する値 As Range, 検索する範囲 As Range
> Dim 検索結果1 As String, 検索結果2 As String, 検索結果3 As String, 検索結果4 As String
> Dim データベースシート As Worksheet
>
> Set データベースシート = Worksheets("BrooksItemDatabase")
> Set 検索する値 = Range("A" & i * 5 + 12).Value
> Set 検索する範囲 = Range(データベースシート.Range("A2"), データベースシート.Range("G700"))
>
> 検索結果1 = Application.WorksheetFunction.VLookup(検索する値, 検査する範囲, 5, False)
> 検索結果2 = Application.WorksheetFunction.VLookup(検索する値, 検査する範囲, 7, False)
> 検索結果3 = Application.WorksheetFunction.VLookup(検索する値, 検査する範囲, 6, False)
> 検索結果4 = Application.WorksheetFunction.VLookup(検索する値, 検査する範囲, 3, False)
>
> Worksheets("Invoice UK").Range("A" & i * 5 + 13).Value = 検索結果1
> Worksheets("Invoice UK").Range("A" & i * 5 + 14).Value = 検索結果1
> Worksheets("Invoice UK").Range("E" & i * 5 + 12).Value = 検索結果1
> Worksheets("Invoice UK").Range("H" & i * 5 + 12).Value = 検索結果1
>
>
>
> End Sub
>
2017年05月26日 20:29

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2548)

(返信:1件)
きちんと理解してないと実際にマクロを組んだ時に混乱しそうだなと思いました。引き続き基礎編、勉強したいと思います。
2016年09月07日 21:50

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2547)

私も先生と同じ考え方です。画面が見えてない状況で作業はできないですね。
2016年09月07日 21:44

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2546)

理解できました。
2016年09月07日 21:37

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2545)

理解できました。
2016年09月07日 21:31

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2544)

理解できました。
2016年09月07日 21:28

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2543)

このエラーが起こったら混乱してしまいそうです。気を付けたいです。
2016年09月07日 21:25

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2542)

理解できました。
2016年09月07日 21:13

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2541)

理解できました。
2016年09月07日 20:24

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2540)

理解できました。
2016年09月07日 20:20

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2539)

理解できました。
2016年09月07日 20:17

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2451)

(返信:2件)
エクセルサンプルを開き、開発コード画面を開くとき、本体と同時に画面表示ができません。開発コードをクリックすると、どうしても本体画面が消えますが?
動画みたいな表示とはなりません?
2016年07月06日 06:10

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2422)

(返信:1件)
上から順じゃない!
上から順じゃない!
2016年06月14日 17:55

受講生さんの投稿

(投稿ID: 2420)

(返信:1件)
ワードでたまにこの現象をやらかしました
そういうことだったんですね
いつも閉じて、もう一回開いたらなおしてました
うっかりInsertキーを押してしまっていたか・・・
2016年06月14日 16:59

受講生さんの投稿

(投稿ID: 1432)

(返信:1件)
あるエクセル文書を開いて、マクロを作成し、保存しました。その保存したマクロを、別の文書を開いて使いたいのですが、マクロの実行を選択しても、以前作ったマクロが出てきません。
2015年06月09日 14:45

受講生さんの投稿

(投稿ID: 821)

基礎編でFor Next構文を学ぶ事ができると聴き、ワクワクしています。
プログラムを書くには、アルゴリズムを理解する必要があると思い、
簡単な本を読みましたが、途中で挫折していました。
特にフローチャートで記述されると、混乱してしまいます。
今後の講義が最終チャンスと捉え、何としてでも身に付けたいと思います。
2014年10月17日 09:45

受講生さんの投稿

(投稿ID: 818)

(返信:2件)
この講座がエクセルマクロ理解への最初の登竜門であると、書いていました。
投げ出す事なく、継続して取組んで行きます。宜しくお願いします。

余談ですが、セル内の文字記載に慣れていると、改行の際、Ctrlキーを押してしまいます。
EneterキーのみでOKなのですね。
2014年10月16日 02:09

受講生さんの投稿

(投稿ID: 509)

(返信:3件)
Range("a2").Value = "○" 行を変えた時に正確に打てているかを判断するために、全て小文字で入力してはいけないのでしょうか。()の中のAだけシフトで大文字に入力するのですか。非効率のような気がしてきました。
2014年08月20日 02:08

受講生さんの投稿

(投稿ID: 37)

(返信:1件)
アクセレータキーが動かない時の対処法が全角半角キーで対処できたんですね~
2014年01月04日 18:49

この講座のメモを投稿する

重要度:   
理解度:   

※メモを残すにはこの講座の利用権限が必要です。

この講座はまだ利用権限がありません

講座を利用するには、以下の2つの方法があります。

  • この講座を含む定額コースに参加する
  • この講座を購入する

この講座を含む定額コースに参加すると、そのコースの利用期間中はいつでも講座を利用できます。
講座を購入すると、いつでも講座を利用できます。

この講座には無料で閲覧できる動画があります

お試し動画の一覧へ