文字列を加工してデータ転記する(その2)

演習問題テーマ:文字列を加工してデータ転記する(その2)

問題3で変数の使い方に慣れてください。

第7回の路線駅名を線と駅名以下にわける方法と基本的には同じことが変数を使えば実現できるというのがわかるかがポイント。基本的には1個を2つにわけるの繰り返し。1個を2つにわけ、わけたうちの1個を2つにわける。このときわけたうちの1個を戻り値とする変数をたてるのがポイントです。あとはInstr関数をつかって区切りの字が何文字目にあるかを調べる変数をたてれば、区切りの字の前か後かは変数-1、変数+1であらわせるというのは第7回と同じ。

問題4、5はInstr関数によって区切りの字の有無もわかるというのがポイント。

Instr関数をつかって区切りの字が何文字目にあるかを調べられると同時に、その字がない場合は値が0となることを利用して、If文を使って区切りの字が1つだけではない場合の処理ができます。またInstr関数はあくまでも区切りの字が何文字目にあるかがわかるだけなので「モノレール」の場合はどうするかよくみて学んでください。

この講座を含む定額コースに参加するか、この講座を購入することで、講座を利用できるようになります。
定額コースに参加すると、そのコースの利用期間中はいつでも講座を利用できます。
講座を購入すると、いつでも講座を利用できます。

この講座を含む定額コースや購入の詳細については、講座トップページの「利用方法」を御覧ください。

学習記録としてメモを残す

完全に理解できた
まあまあ理解できた
ふつう
あまり理解できてない
さっぱり分からない

※メモを残すにはこの講座の利用権限が必要です。

質問や感想を投稿する

投稿時に 記号が \ に変換されてしまいますが、気にせず投稿してください。

とても満足 満足 普通 不満 とても不満

ユーザ名を使う ニックネームを使う 匿名

※投稿に必要な権限がありません。

このページへの投稿/コメント