複数の表の間でのマッチング。VLookUp関数がやっていることをマクロで書くと?

演習問題テーマ:複数の表の間でのマッチング。VLookUp関数がやっていることをマクロで書くと?

マッチングの基本パターン。

2つの表があるのでそれぞれの表に対応する変数をつくることが基本です。ひとつひとつていねいに、まず左の表のIDとマッチするところに右の情報をもってくる仕組み、次に右の表の情報を順番に全部調べる仕組みをつくります。

Ctrl+Zでマクロの状態を戻す習慣をつけてください。

この講座を含む定額コースに参加するか、この講座を購入することで、講座を利用できるようになります。
定額コースに参加すると、そのコースの利用期間中はいつでも講座を利用できます。
講座を購入すると、いつでも講座を利用できます。

この講座を含む定額コースや購入の詳細については、講座トップページの「利用方法」を御覧ください。

学習記録としてメモを残す

完全に理解できた
まあまあ理解できた
ふつう
あまり理解できてない
さっぱり分からない

※メモを残すにはこの講座の利用権限が必要です。

質問や感想を投稿する

投稿時に 記号が \ に変換されてしまいますが、気にせず投稿してください。

とても満足 満足 普通 不満 とても不満

ユーザ名を使う ニックネームを使う 匿名

※投稿に必要な権限がありません。

このページへの投稿/コメント