複数の記号の位置を調べて文字列を切り出す

一時停止/再生: [Space]
5秒戻る/進む: [ ← ] / [ → ]
60秒戻る/進む: [Ctrl] + [ ← ] / [Ctrl] + [ → ]
再生速度の変更: [Shift] + [ ← ] / [Shift] + [ → ]
動画を最大画面で再生: [Ctrl] + [Shift] + [F]
最大画面での再生を終了: [Esc]
音量を上げる/下げる: [ ↑ ] or [ ↓ ]

「RC/3/6F」ならば「鉄筋コンクリート, 3階, 6階建て」のように、記号を解釈して別のセルに情報を書き込む関数を作ります。

各セルで、ひとつひとつのスラッシュが何文字目にあるかを調べます。
そして、スラッシュに挟まれた文字の内容を調べます。
調べた結果を元にして条件分岐し、別のセルに値を書き込む内容を決定します。

Find関数、Left関数、Mid関数、If関数を組み合わせます。

講座の利用権限を手に入れると、資料をダウンロードできます。
None

このページへの投稿/コメント

学習記録としてメモを残す

重要度:   
理解度:   

※メモを残すにはこの講座の利用権限が必要です。